アナウンサー

いよいよ開幕!ミケランジェロ展☆

2013年07月02日

先週金曜日(28日)、ついにあの「ミケランジェロ展」が福井市の県立美術館で開幕~!
ということで、その前日、「おかえりなさ~い」では「ミケランジェロ展」を大特集しました。
私にとっては久しぶりの生中継☆
しかもトータル20分を超える長尺!!気合を入れて臨みましたよ~!!

ミケランジェロ展についていろいろ教えて下さった、学芸員の野田さん。
そして瀬尾ちゃんも県立美術館に駆けつけました♪

 
今回のミケランジェロ展は、福井と東京でしか開催されない貴重な美術展。
イタリア・フィレンツェにあるカーサ・ブオナローティ美術館の全面協力のもと、構想から5年掛かりでようやくこの日を迎えました。
というわけで、野田さんの感動もひとしお…
絵画や彫刻、ミケランジェロ縁の品々など60点が展示され、そのうち半数以上が日本初公開という超ビッグプロジェクトなんです。
それを中継で皆さんにお伝えできるなんて、とっても幸せでした☆
写真はありませんが、私が中でも感動したのが「階段の聖母」。
大理石彫刻なのに、マリア様の衣服の裾が垂れている感じのしなやかさだったり、まだ赤ちゃんのキリストの肌の柔らかい感じだったり、とにかく繊細。
180度角度を変えて見回すと、ものすごく立体的で、今にも動き出しそうな感じでした。
中継でもお話していただきましたが、母親を小さい頃に亡くしたミケランジェロの母に対する憧れ、幼いキリストの将来に対する暗示などなど、この作品に込められた意味や想いは非常に深く、
それをたった15歳で考え、想い、これほどの技術で仕上げたというのには大変驚きました。
まさに神と呼ばれるにふさわしい人ですね。

他にも、「システィーナ礼拝堂の天井画」作成は、実はあまり乗り気ではなかったとか(自分は彫刻家だから絵描きではないと悩んでいたそう…)、
「最後の審判」は、下から観て立体的に見えるように、何度も脚立に上ったり下りたりしながら描いたとか(正面から観ると、上の方は描いていない部分があるそうですよ!)、野田さんからいろんなエピソードを伺いました。
時間の都合上、全てを皆さんにお伝えすることができなくてとっても残念ですが。
空き時間もずーっと野田さんからいろんな話を聞いていたのですが、それから作品を観るとますますその凄さを感じました。
野田さん、いろいろ聞かせて頂き、ありがとうございました☆
そして!瀬尾ちゃんとの初共演も楽しかった~♪

いつも可愛く楽しく西武前の中継を盛り上げてくれている瀬尾ちゃん。
実は、私との身長差を考えて、なんとヒールのないサンダルで中継してくれたんです。
なんて優しい子(T_T)
時間の関係であまり一緒に画面に出られませんでしたが、もっといろいろ絡めたらよかったなぁ。
また次回を楽しみにしています!
やはり中継は楽しいですね♪あ、スタジオも楽しいですが…笑
いろんな方と出会えて、いろんな物を観て、その場の空気を感じられる所が大好きなんです。
今回の中継は大掛かりで大変でしたが、やはりそう思いました。
またいつか中継に出たいなぁ…
「ミケランジェロ展」は、福井市の県立美術館で8月25日まで開催!
皆さんも、ぜひこの機会に人類の至宝に会いに行ってくださいね☆
ご来場の際は、ぜひ公共交通機関をご利用ください!!

▼システィーナ礼拝堂500周年祭記念「ミケランジェロ展-天才の奇跡」
詳しくはこちら(PCサイト)

月別 アーカイブ
リンク