アナウンサー

秋もまだまだ終わらない海の家☆

2013年09月10日

9月ですね~。
いつのまにか秋の空気に変わりましたが、先週の「エリすぐり」では、夏が終わっても終わらない海の家をご紹介しました。
その名も「港町職人」。なんともノスタルジックな建物でしょ!?
坂井市三国町の三国サンセットビーチの目の前にある、期間限定の海の家です。
三国のスイーツのお店、「ニュアージュ・リーブル」のパティシエ出蔵さんを筆頭に、パン屋さん、ケーキ屋さん、ガラスや家具の職人からDJまで、
地元出身者や三国を愛する職人さんたちが、三国を盛り上げようと集まって作ったお店なんです。

ガラス職人さんが作った、見た目も音も涼やかな風鈴。風が吹くたびにチリンチリンと鳴って、終わりゆく夏を惜しんでいるようでした。
お店の壁も皆さんで塗ったそうで、職人さんたちが集まってみんなで作った手作りのぬくもりを感じました。

みなさん本業もあるし、立ち上げ当初は夏限定の海の家だったんですが、夏で終わらせるのはもったいないと、秋も続けることになったんです。
そして今、秋メニューを考案中…ということで、今回その新メニューをいくつかいただきました☆
一番驚いたのが、パンケーキ!
三国のおけら牧場の牛乳と卵、そして羽二重餅の餅粉を使って作った、福井の素材満載のシンプルなパンケーキなんです。
しかも、この分厚さ!!
餅粉のおかげでもっちりふかふか。インパクト大ですが、素材の良さを存分に味わえる優しい味でした。
美味しかった~♪
他にも、写真はありませんが、甘エビとコシヒカリを使ったスフレグラタンもありました。
メレンゲのふわふわ感とお米の粒粒感を楽しめるグラタンなんですが、グラタンとしては初めての食感!
スフレチーズケーキを食べているような、しっとりふわふわのグラタンなんです。
放送を見て下さった方は驚かれたのでは!?見ても食べても驚きのスフレグラタン、ぜひご賞味ください☆

このお店をきっかけに、三国を愛する仲間たちとそれぞれの得意分野を生かして楽しいことをやっていきたいと話していた出蔵さん。
このお店に行けば、三国の美味しいものはもちろん、三国の熱い人たちのお話も聞けますよ♪

8月終わりにロケに行ったんですが、この日は真夏の暑さ!
サーファーや海水浴客が残り少ない夏を満喫していました。
海がキラキラ光っていてとってもきれいでした☆
今年も泳ぎに行けなかったな…。来年こそは!

月別 アーカイブ
リンク