福井まちなか落語

“笑門来福!”
福井の落語文化を創る瓢家萬月と葵亭真月が福井駅前で落語会を開催!毎月ゲストを迎え、心を込めて笑いをお届けします。今月は、越中富山から「ばららくご」メンバーが登場!
 

6月公演のご案内

日 時 2017年6月3日(土)14:00開演(13:30開場)
会 場 福井まちなか文化施設「響のホール」6階パフォーミングBOX
入場料

全席(自由)500円
【チケット好評発売中!】
※限定50席 ※未就学児童入場不可

チケット 響のホール地下プレイガイド TEL:0776-30-0086
お問い合わせ 響のホール TEL:0776-30-0086
福井テレビ 企画開発部 TEL:0776-21-2240

6月公演 出演者

川中 奈丸

〔ゲスト〕
川中 奈丸
(かわなか なまる)

ばららくごの総合P。古典落語から新作落語まで幅広く手掛ける技巧派。

天瀬家 小六

〔ゲスト〕
天瀬家 小六
(あませや ころく)

慰問活動や各地落語会への活動の場を広げる正統派江戸古典落語プレーヤー。



瓢家萬月

〔席亭〕
瓢家萬月
(ひさごやまんげつ)

「福井まちなか落語会」席亭。2014年1月、「福井駅前寄席きたまえ亭」を設立。素人上方落語家。家号は豊臣秀吉の旗印・千成瓢箪から「瓢家」。
町内会の余興からフェニックスプラザ大ホールまで幅広く活動。
持ちネタは「はてなの茶わん」「ちりとてちん」「桃太郎」「七度狐」「貧乏花見」「青菜」「木の芽峠(創作)」など。

葵亭真月

 
葵亭真月
(あおいていしんげつ)

素人江戸落語家。「落語 月の会」代表。
福祉施設、公民館、居酒屋など、県内様々な場所で高座に上がる。
「福井駅前寄席きたまえ亭」の世話役として、県内のアマチュア落語家の窓口を務める。
持ちネタは、「井戸の茶碗」「首提灯」「三年目」「初音の鼓」「町内の若い衆」「勘定板」「転失気」など。

6月公演 演目

6月公演演目

福井まちなか落語会員様募集

2017年度 公演のご案内

フェイスブックをチェック