ニュース

LIVE NEWS

鯖江市内の児童にマスク1万5千枚贈る  鯖江LC・藤田光学・ミドリ防災【福井】

新型コロナウイルスの感染対策に役立ててもらおうと、鯖江市内の企業が合同で、児童用の不織布マスクを鯖江市に寄贈した。

寄贈されたマスクは、不織布マスク1万5千枚で、低学年用と高学年用の2種類のサイズ。鯖江ライオンズクラブと藤田光学、ミドリ防災の3者が合同で寄付し、7日、代表者らが佐々木勝久・鯖江市長に手渡した。

佐々木市長は、「子供への感染が広がる中、学校再開への不安を抱える声も多い。感染対策をしっかりし、学びの環境を整えたい」と、感謝の言葉を述べた。

寄贈されたマスクは、市内すべての小学校12校、約4千人に配布される。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP