ニュース

PRIME NEWS

防火・防災の意識を新たに 福井市消防出初式

福井市消防出初式が12日行われ、大勢の市民の前で参加者が今年1年の防火への思いを新たにしていました。

 

福井市中心部で行われた出初式は、まず、消防団員らの行進で始まりました。消防部隊の象徴を表す「旗(はた)部隊」を先頭に、消防職員や団員、幼年消防クラブのメンバーら約1700人が勇壮に行進しました。

また、県鳶(とび)土工業協同組合のメンバーが高さ約7メートルのはしごの上でバランスを取り逆立ちしたりする「はしご乗り」も披露されました。最後は足羽川の幸橋に移動、小型ポンプで一斉放水し、今年1年の防火・防災への意識を新たにしていました。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP