ニュース

PRIME NEWS

産業や学術に貢献 個人・企業を表彰~ふるさとの日記念行事

福井県が誕生した2月7日の「ふるさとの日」に合わせて産業や学術などの分野の発展に貢献した県内の個人や企業を表彰する式典が10日、福井市内で開かれました。

 

「県科学学術大賞」には、認知症や神経難病への応用が期待されるとして脳内の細胞が酸化して傷つけられる現象の画像化に成功した県立大学の米田誠教授と、独自の繊維加工技術を応用して炭素繊維複合材料を開発したミツヤ(福井市)とSHINDO(あわら市)が選ばれ、それぞれ表彰状が贈られました。産業振興に貢献した中小企業を表彰する「福井ふるさと企業」の最優秀賞にはみそ製造業の米五(福井市)が選ばれました。また、国体の競技別で5連覇に貢献した県ボート協会に「県栄誉賞」が贈られました。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP