ニュース

LIVE NEWS

児童が「我が家の交通課長」に

大野市で小学生に「我が家の交通課長」になってもらい家庭や地域で交通安全を呼び掛けてもらう取り組みが行われました。

 

この取り組みは大野警察署と大野交通安全協会が毎年行っているもので、今年は大野市の小山小学校の6年生10人が「我が家の交通課長」に委嘱されました。委嘱式では大野署の齋藤卓志交通課長が車のスピードを出し過ぎないことや飲酒運転をしないことなどを家族に呼び掛けてほしいとお願いしました。児童を代表して中山木の実さんが「我が家から交通事故をなくします」と誓いました。

「我が家の交通課長」の任期は1年間で家庭や地域で交通安全のリーダー役を担います。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP