ニュース

LIVE NEWS

新幹線現場で電線窃盗の男を起訴

坂井市の北陸新幹線の工事現場で配線用の電線を盗んだとして逮捕された金沢市の男を福井地方検察庁は10日、窃盗の罪で起訴しました。

 

起訴されたのは、金沢市の無職・東勇吉被告(73)です。起訴状によりますと東被告は去年12月坂井市内の北陸新幹線の建設工事現場内で工事で使う電線1本時価約9万2000円相当を盗んだ窃盗の罪に問われています。建設工事を担う鉄道・運輸機構によりますと2017年11月から去年6月にかけて少なくともあわら、坂井、福井の三つの市にある北陸新幹線の工事現場から電線が盗まれる被害が相次いでいます。警察は東被告が一連の事件に関係していないか慎重に捜査を進めています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP