ニュース

LIVE NEWS

予算案否決は序章? 修正案可決へ 福井市議会

8日開かれた福井市議会運営委員会で審査中の6月補正予算案のうち観光PR事業1件230万円を削除することが報告されました。11日開かれる市議会最終日の本会議で賛成多数で可決される見通しです。

 

6月補正予算案のうち観光PR事業を削除した修正予算案は自民党系の最大会派「一真会」に別の3つの会派の代表者が賛同する形で議長に提案され、9日開かれた議会運営委員会で報告されました。削除された事業は2023年春の北陸新幹線開業に向けて首都圏に福井市をPRするための新規事業230万円で、先週開かれた総務委員会で反対多数で否決されたものです。修正予算案は11日開かれる本会議で審査され、「一真会」や賛同する3つの会派の賛成多数で可決される見通しですが慎重な姿勢を示す議員もいて採決が注目されます。福井市議会の事務局によりますと修正予算案が可決されれば2001年の9月議会以来18年ぶりです。一方、別の会派のある議員は福井テレビの取材に対し「修正予算案の提案は市長を引きずり下ろすためだけの話。いまの市議会は正常に機能しておらずまさに市民不在の恥ずかしい状況だ。この流れは9月議会も続くだろう」と話していました。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP