ニュース

LIVE NEWS

特産化にも一役 製菓専門学校の生徒が小豆の種まき体験

農業体験を通して地元の農作物への理解を深めようと、福井市内の製菓専門学校の生徒が小豆の種まき体験をしました。

 

生徒たちがまいた種は、JA福井市が特産化を目指す「丹波大納言小豆」で、大粒で炊いたときに皮が破れにくいのが特長です。10日は福井製菓専門学校の生徒19人が、地産地消を学ぶ授業の一環として、丹波大納言小豆の種約500粒を丁寧にまいていきました。

生徒たちは11月に小豆を収穫し、お菓子作りに使うということです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP