ニュース

LIVE NEWS

消防職員が考案 現場の知恵・アイデアを発表 

消防職員自らが改良した消火や救助活動用の機器の発表大会が坂井市内で開かれました。

 

この大会は職員が消火や救急の現場活動の中で感じた機器の改良点についてアイデアを発表し今後の業務に役立てようと毎年開かれています。10日は嶺北消防組合の四つの消防署から8組が参加し▼けが人や病人を運ぶ担架の滑り落ち防止のマットや▼廃棄される消火ホースを再利用した器具など現場の隊員の負担軽減につながるアイデアを紹介していました。最優秀賞に選ばれた作品は9月の東近畿の研究会に進みます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP