ニュース

LIVE NEWS

サバ使った新メニューを開発

半夏生の日に焼きサバを食べる習慣のある大野市でサバを使った新メニューが開発され、飲食業者らがその作り方を教わりました。

 

新たに完成したメニューはサバを使った麻婆ナスなど3品です。大野市内で地元の食材を使った創作料理を手掛ける女性の2人組「ニショク」に市が開発を依頼しました。10日の講習会にはこの料理で観光客らをもてなそうと市内の飲食店の店主や旅館の女将らが参加しました。新メニューはサバの風味を生かしつつ野菜の彩りや栄養バランスも考えられています。大野市では今後も地元ならではのメニューを開発することにしています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP