ニュース

LIVE NEWS

キラーコンテンツを最大活用 県直営で恐竜博リニューアルへ

恐竜博物館をリニューアルしたい県は北陸新幹線開業の年に合わせるため、当初、民間に任せる方針だった整備運営を、県直営で行う考えを示しました。11日開かれた県議会で県が議員に説明したものです。

 

リニューアルを巡って県は、当初整備する予定だった第2恐竜博物館も合わせて民間に委託する方針でした。しかし、開館準備に6年ほどかかり、新幹線開業の2023年に間に合わないこと、キラーコンテンツである「恐竜」を県主体で活用したいことなどから県直営での運営するとしました。西川前知事は、第2恐竜博物館をつくり、民間で運営する方向でしたが、杉本知事は、現在の博物館をスケールアップし、県の直営としたい考えです。

 

今後、来年度以降に設計のための予算を設け、2023年春の新幹線開業に合わせ遅くても夏までの完成を目指すとしています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP