ニュース

LIVE NEWS

47都道府県回り環境保護訴える男性 勝山市で講演

地球温暖化を食い止めようと47都道府県全てを回り環境保護を訴える男性が県内入りし9日、勝山市内で講演しました。

 

講演をしたのは、ドイツ在住の起業家で環境保護活動を続ける大阪府出身の谷口貴久さんです。9日は勝山中部中学校の3年生と地元住民らを前にこのまま二酸化炭素が排出され続ければ、地球温暖化が加速し、80年後には地球が絶滅する危機的な状況であると訴えました。その上で、ごみを減らすこと、節電することなど、未来を担う若者たちにまずできることを呼び掛けました。生徒たちは、聞いた話を家族にも伝えたいと話していました。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP