ニュース

LIVE NEWS

20年ほど前 関電が小浜署幹部にビール券贈ったか

関西電力の役員らが高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題で、20年ほど前に関電側が小浜署の幹部に多額のビール券を贈っていたことが関係者への取材で分かりました。

 

複数の関係者によりますと1990年代、関電力の社員が小浜署を訪れ、署の複数の幹部に1人につき100枚近くのビール券、額にして数十万円分を配っていたということです。渡したのは当時の署長や副署長、各課の課長とみられ、一部の幹部は、その場で返還しなかったということです。当時、警察は関電と高浜町の森山栄治元助役との不適切な関係を調べていたということで、その情報が流れ、関電がビール券を贈呈した疑いも指摘されています。こうした経緯について県警は「事実確認の調査の必要性を含め、適切に判断する」とコメントしています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP