ニュース

LIVE NEWS

2年前崩落の柿原トンネルが貫通~北陸新幹線

2年前、建設中に崩落事故が発生し、半年近く工事が中断していた北陸新幹線「柿原トンネル」(あわら市)がこのほど貫通しました。

 

佐々木同市長が6日の会見で明らかにしました。2016年に着工した柿原トンネルは2017年9月に天井部分が崩落する事故があり、地表にあるグラウンドが直径約15mにわたり最深部で約8m陥没しました。人的被害はありませんでした。地下水や雨で地盤が緩んだのが事故の原因で掘削を半年近く中断し、地盤改良など対策を講じてきました。トンネルの全長は2530mで、同市高塚と柿原を結びます。鉄道・運輸機構によりますと貫通式は11月18日に行われ、今後はレールや電気設備を整備して2021年度末に完成する予定です。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP