ニュース

LIVE NEWS

干支の特大絵馬がお目見え~福井市の神社

師走を迎え、福井市内の神社では特大の絵馬が設置され、新年に向けた準備が進められています。

 

 

福井市の佐佳枝廼社では、毎年12月1日に新年の干支がデザインされた特大の絵馬を境内に設置しています。1日の朝は、来年の干支ネズミが描かれた縦1.2m、横2.4mの絵馬を、宮司が境内の中央に固定。一匹のネズミの周りに、子孫繁栄を願い「子」の文字がたくさん描かれています。佐佳枝廼社では、参拝者がこの絵馬を見て新しい年に向けた意識を高めてもらいたいとしています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP