ニュース

LIVE NEWS

三方五湖でたたき網漁が解禁

水面をたたいた音で魚を驚かせ網に追い込む若狭町・伝統の「たたき網漁」が1日解禁され、青竹で三方五湖の湖面をたたく音が冬の訪れを告げています。

 

たたき網漁は、日本農業遺産に去年登録された若狭町の三方五湖で、江戸時代から続けられています。水温が下がり動きが鈍くなった魚を、水面をたたいた音で驚かせ網に追い込む独特の漁法です。解禁初日の1日は、30代から80代までの漁師約10人が漁に臨みました。長さ3mの青竹で10分ほど水面をたたいた後、仕掛けた網を引き揚げ、コイやフナを次々と獲っていきました。若狭町の冬の風物詩「たたき網漁」は来年3月まで続きます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP