ニュース

LIVE NEWS

カラ出張疑惑の石川県議が辞職~報告書は「事務員が作成」関与を否定

「カラ出張」を繰り返して政務活動費を受け取っていた疑いのある石川与三吉県議会議員(89)⁼敦賀市選挙区、7期目⁼が12日、会見を開きました。

 

自身が出張に行っていないことは認めたものの、事務員が勝手に政務活動の報告書を提出していたと不正への関与を否定しました。石川県議は監督責任を取って同日、議員辞職しました。この問題は一部報道で発覚。2013年度から2016年度の4年間にわたり敦賀市内の建設会社が担当する県内外の工事現場を視察したとする報告書計44件分を県議会の事務局に提出し、計280万円余りの政務活動費を受給していたと指摘されました。

 

石川県議は弁護士とともに会見に臨み、44件の出張は「ほぼ行っていない」と認め、受給した政務活動費は全額返還するとしました。ただ、視察などの報告書の作成や提出は80代の男性事務員1人に任せていたとし、カラ出張について指示も確認もしていないと主張しました。一方、弁護士によると事務員側は「石川県議からの資料に基づいて報告書を作成しただけ」と話しているということです。このため弁護士は「調査に限界が生じれば捜査機関に委ねる」としました。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP