ニュース

LIVE NEWS

中国姉妹都市に支援物資 防護服やマスクなど 坂井市

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、坂井市は友好都市協定を結ぶ中国浙江省の嘉興市に医療用の防護服などを発送しました。

 

坂井市は浙江省・嘉興市と2013年に友好都市協定を結び、交流が続いています。14日は職員が、防護服480着やマスクなどを段ボール箱に入れ発送作業を行いました。嘉興市は人口約450万人で最も深刻な武漢からは約800km離れていますが、坂井市によると嘉興市から支援要請を受けた先週の時点で医療従事者が使用する防護服やマスクが不足しているということです。中国では物流が機能していない地域があり、到着は約1カ月先になる見通しだということです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP