ニュース

LIVE NEWS

関電森本社長が杉本知事と面談 信頼回復へ決意

金品受領問題を受け、再発防止に取り組む関西電力の森本社長が、信頼回復に努める決意を示しました。

 

関西電力の森本孝社長は30日県庁を訪れ、杉本知事と面談しました。森本社長は美浜町の原子力事業本部の体制を維持した上で工事の発注や発送などの手続きを発電所から本部に移し企業統治を強化すること、地元企業に研修を行い技術力向上を図り受注機会の増加を目指すこと、これらを示した上で「丁寧な説明で信頼回復に努める」と決意を述べました。杉本知事は「信頼関係がなければ地元は前に進むことはできない」と強調し地元とコニュニケーションをとって信頼回復に努めるよう求めました。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP