ニュース

LIVE NEWS

最先端技術の工作に熱中~気分はエンジニア

科学やものづくりの楽しさに触れる催しが福井市の県工業技術センターで開かれ、子供たちが最先端の技術を活用した工作に熱中していました。

 

この催しは、夏休みに合わせて毎年開かれています。

今年は、新型コロナウイルス感染対策で参加者を例年の半数程度に絞る中、子供たちは3Dプリンターを使ったはんこ作りやプラスチックの過熱加工に挑戦しました。

光ファイバーで星座を描き小型のプラネタリウムを作る教室では、1mm以下という細いファイバーの扱いに悪戦苦闘しつつも、器用に手先を使って世界に一つだけの作品を完成させると、早速光を通し出来栄えを確認していました。

夏休み初日という子供もいて、思い出作りに励んでいました。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP