ニュース

LIVE NEWS

1年生の上加世田が粘投 敦賀気比がセンバツ出場ほぼ確実に

秋の北信越高校野球大会は18日、富山県で決勝が行われ、敦賀気比が長野県代表の上田西を16対5の大差で下し、春のセンバツへの出場が濃厚となった。

 

敦賀気比は初回ノーアウト1、3塁のチャンスで3番前川がタイムリーヒットを放ち先制。続く4番大島らが追撃し、この回4点を奪う。その後も相手投手の乱調をつきながら追加点を加え、7回には6点を追加し、試合を決めた。
守っては、1年生の上加世田が完投。粘り強く投げ抜いて、優勝に大きく貢献した。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP