ニュース

LIVE NEWS

公立では福井県内初の小中一貫校  角鹿小中学校落成式

公立では福井県内初めての小中一貫校として敦賀市に「角鹿小中学校」が完成し、6日落成式が行われた。

角鹿小中学校の落成式には渕上隆信敦賀市長や豊北欽一教育長らが出席した。市内の敦賀北、咸新、赤崎の小学校3校と角鹿中学校を統合した県内初の小中一貫校で児童・生徒あわせて415人が在籍する。

外観は敦賀港から始まる広大な海の水平線をイメージしたほか校内には県内産の木材も使用されている。また、中高一貫校の工夫として小学5.6年生と中学生の教室が同じフロアに配置されている。中学校に進学した際に環境の変化に伴って勉強面、心理面で生じるギャップいわゆる「中一ギャップ」の解消が目的。

角鹿小中学校の開校式と入学式は4月8日。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP