ニュース

LIVE NEWS

解像度日本一  リアル8Kプラネタリウム【福井】

「地域の日本一」シリーズ。JR福井駅前にある解像度日本一のプラネタリウムを特集。

福井の玄関口JR福井駅から徒歩2分。ひと際目を引く球体の中にあるのが、リアル8Kの解像度を誇るプラネタリウム。

8台のプロジェクターを使って、直径17mの半球型のスクリーンに映し出される映像は「鮮明」の一言。

そもそも「リアル8K」とは何なのか。スタッフの石井さんは、リアル8Kプラネタリウムの運用は5年前からで、元々は、星空や宇宙の解説のために作られたが、その枠に収まらない使い方が、いま、注目されている。

それは結婚式や企業の入社式といった人生の節目のセレモニーやイベントでの活用。また、福井の豊かな自然が魅力のスポットを巡るバスツアーが楽しめるプログラムでは、360度カメラで撮影された映像で、見る人を、実際にツアーに参加したような感覚に誘う。来て、見てもらって、すごさに触れてもらう。そのためのイベント展開だ。

その仕掛けは、少しずつではあるが、実を結びつつある。先日行われた「eスポーツ」の体験会には大勢の人が訪れた。その先に見据えるの2024年の北陸新幹線・福井開業。

映し出される映像の魅力は十分!それをいかに伝えていくか。新型コロナの影響で思うようにPRや仕掛けができない葛藤はあるが、いま出来ることを一歩一歩、日本一のプラネタリウムは、鮮やかな、明るい未来を信じて稼働中。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP