ニュース

LIVE NEWS

60年以上続く伝統  福井市棗小中学校でラッキョウ切り体験

福井市棗地区の子供たちが、地元特産のラッキョウの根や茎を切る作業に挑戦した。

この作業は、加工を手伝うことで地域の特産に関心を持ってもらおうと、福井市の棗小中学校で60年以上行われている伝統行事。

例年は、地域の人たちと一緒に作業をするが、新型コロナの感染防止のため2021年は、児童・生徒と教職員だけで行った。

児童は協力しながら20キロほどのラッキョウの根や茎を、鎌で慎重に切っていた。

ラッキョウは甘酢につけて、12月頃、給食で出される予定。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP