ニュース

LIVE NEWS

福井梅の「土用干し」がピーク  8月上旬には新物【若狭町】

 梅雨が明け日差しが強まる中、若狭町では、特産「福井梅」の天日干しが行われ、梅干しづくりが進んでいる。

ウメの天日干しは、土用の丑の日ごろに干し始めることから「土用干し」とも呼ばれている。

若狭町の梅農家では、6月に収穫し塩漬けした青梅の天日干しが、ピークを迎えている。

梅農家の渡辺直輝さんも作業に追われ、甘酸っぱい香りが漂うビニールハウスの中で、1日干した福井梅を、裏にも日があたるようひっくり返していました。

ウメは、3日間ほど天日干ししたあとシソに漬け込み、8月上旬には真っ赤に染まった新物の梅干しができあがる。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP