ニュース

LIVE NEWS

敦賀気比が優勝 10回目の夏の甲子園  夏の高校野球福井県大会

 高校野球県大会の決勝戦が、21日、県営球場で行われた。敦賀気比が7対0で快勝、初進出の金津を下し10回目の夏の甲子園出場を決めた。

強力打線が持ち味の敦賀気比とプロ注目の好投手・藤田を擁して夏の県大会初の決勝に進んだ金津との対戦。
敦賀気比は序盤制球に苦しむ藤田を攻める。2回裏ツーアウト一・二塁から1番東。レフト前のタイムリーで1点を先制。敦賀気比は、5回には連続タイムリーで2点を追加した。

なかなかチャンスを作れない金津は、6回表ツーアウト二塁で2番堀田。好返球に阻まれ得点はならなかった。

敦賀気比は、終盤も着実に得点を重ね、投げては本田が金津打線を封じ込めた。終始試合を優位に運んだ敦賀気比が7-0で勝ち、3大会連続10回目の夏の甲子園出場を決めた。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP