ニュース

LIVE NEWS

19日の公示を前に 衆議院議員選挙の立候補予定者説明会【福井】

 衆議院議員選挙を前に、福井県選挙管理委員会は、13日、県内小選挙区の立候補予定者を対象にした説明会を開いた。

県庁で行われた立候補予定者説明会には、
福井1区から、自民党の稲田朋美氏、立憲民主党の野田富久氏、
福井2区から、自民党の高木毅氏、自民党の山本拓氏、立憲民主党の斉木武志氏のそれぞれの事務所や後援会の関係者らが参加した。
また、候補者擁立は未定だが、福井維新の会の関係者も出席した。

最初に県選挙管理委員会の北畑茂和書記長は、「立候補の届け出は適正かつ迅速に行ってほしい」と協力を求めた。この後、県選管の担当者が、立候補の書類の記入の仕方や選挙公報に使う看板のサイズなどを詳しく説明した。今回の衆議院選挙では、大きな制度変更などはない。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP