ニュース

LIVE NEWS

小学生が味覚の授業  地元食材使った料理を五感で味わう【福井・大野市】

 味覚について学ぶ授業が、大野市内の小学校で行われ、児童たちは地元の食材を使った料理を五感を使って味わった。

味覚の授業を行ったのは大野市の小山小学校。子供たちに食の楽しさを体感してもらおうと、市内のフランス料理店のシェフ村田勝俊さんを招いて毎年この授業を行っている。

3年生の児童が、甘味、塩味、旨味など5つの味覚があることを教わった後、昆布や鳥ガラなどを煮出したスープを飲んでじっくりと味を確認した。この後、地元特産の荒島ポークや上庄さといもを使ったウインナーの調理風景を見学した。児童は目、耳、鼻で味わった後、実際に口に入れて味わっていた。

また、授業の後、村田さんは、九頭竜湖に生息する特定外来生物「ウチダザリガニ」をブランド化した「奥越オマール」のボイルも特別に振る舞った。児童らは、カニのような味わいを感じながら、環境問題にも理解を深めていた。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP