ニュース

LIVE NEWS

衆議院解散 事実上の選挙戦に 10月19日公示、31日投開票【福井】

 衆議院は、14日解散し、総選挙は10月19日に公示され、31日に投票日を迎える。県内の立候補予定者は事実上の選挙戦に入った。

福井1区に出馬予定の自民党の稲田朋美氏は、すぐ福井に戻り、選挙の準備を本格化させた。1区から出馬予定の元県議で立憲民主党の野田富久氏。共産党の出馬取りやめを受け、野党統一候補として政権交代を訴えるとしている。

福井2区に出馬予定の自民党の高木毅氏。党の国会対策委員長という重要な役職に内定しているが、次の選挙は厳しいものになると気を引き締めていた。
2区で対決することになる立憲民主党の斉木武志氏は、地元に残って解散を見届けた。今回は小選挙区での当選を目指す。

衆議院選挙は10月19日公示、31日が投開票。あらためて県内の立候補予定者の顔ぶれ。福井1区は、自民党・前職の稲田朋美氏62歳、立憲民主党・新人の野田富久氏74歳。福井2区は、自民党・前職の高木毅氏65歳、立憲民主党・前職の斉木武志氏47歳。1区、2区とも、共産党をはじめほかの野党が出馬を見送り、自民党と立憲民主党が対決する構図となる。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP