ニュース

LIVE NEWS

福井県立大学の大学院生が一般財団法人を設立  困窮する学生へコメ支援

 福井県内のさまざまな課題の解決に貢献しようと、県立大学の大学院生が一般財団法人を設立した。24日は、活動の一環として新型コロナで困窮する学生にコメを配った。

一般財団法人を設立したのは、県立大学大学院で経営学を専攻する福井市の杉本育さん。ふるさと福井が抱えるさまざまな課題の解決や文化や芸術の発展に貢献しようと、2021年7月に立ち上げた。

24日は、新型コロナウイルスの影響で困窮する学生を支援しようと、県立大学に県産コシヒカリ3キロ入りを80袋を寄付した。コメは、財団への寄付や杉本さんの財産などで、農家から1トンを購入し用意したという。

杉本さんは、今後も支援活動を続けたいとしている。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP