ニュース

LIVE NEWS

えちぜん鉄道乗客 2年ぶりに300万人に回復

 2021年度のえちぜん鉄道の利用者数は300万3027人で、2年ぶりに300万人台に回復した。
 2021年度の利用実績の内訳は、通学・通勤定期と回数券の「日常生活型」では220万4000人あまりで、2020年度から約29万人増加した。コロナ前の2019年度との比較では94.5%まで持ち直している。
 一方、観光やイベント利用目的の「非日常型」では、約80万人だった。2020年度から6万人以上増えたが、コロナ前と比べると61.8%に留まっている。観光での利用が増える夏場に客数が伸びず、今だ、観光利用の回復が見通せていない状況が伺える。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP