ニュース

LIVE NEWS

生活ごみが川を通して海へ 若狭町の三宅小学校で出前授業

子どもたちに海洋ごみについて考えてもらおうという出前授業が22日、若狭町内の小学校で開かれた。

 

若狭町の三宅小学校で開かれたこの出前授業は、海洋ごみの削減などを目指し日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」の一環で行われた。

 

22日は4年生14人が参加。環境問題に取り組む福井市のNPO法人「エコプランふくい」の高島直子さんが講師を務めた。高島さんは、海岸の漂着ごみにはペットボトルなどのプラスチックが多いことや、生活で出たごみが河川を通じて海に流れ出ることなどを説明した。

 

出前授業は今後、敦賀市や美浜町などでも開かれる。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP