ニュース

LIVE NEWS

南越前町今庄で405.5ミリ 福井県内の観測史上最多 集落浸水で自衛隊が出動

5日の県内は各地で記録的な大雨となり、特に南越前町今庄では、24時間に降った雨の量が県内の観測史上最多に。これまでに経験したことのない雨が降った。今庄では、川の氾濫によって複数の集落が浸水し、自衛隊による救助活動が行われた。

 

午後0時半ごろ、今庄地区を上空から撮影した映像。山沿いの集落に茶色く濁った水が流れ込んでいる。多くの車やがれきが流されていて、線路は水没してしまっている。

 

南越前町の今庄地区では、5日午前9時20分までの24時間に県内の観測史上最多となる405.5ミリの雨が降った。

 

午前7時からの雨雲の流れを見ると、嶺北南部を中心に赤や黄色の表示があり、活発な雨雲がかかり続けているのが分かる。

 

この影響で地区を流れる鹿蒜川が氾濫、濁流が集落に流れ込み、約300人の住民が取り残された。この状況を受け、杉本知事は自衛隊に救助を要請。午後2時すぎには陸上自衛隊が現地に到着し、消防とも連携し、浸水した住宅に取り残されたお年寄りらの救助活動を行った。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP