ニュース

LIVE NEWS

子供たちに物を大切にする心を 「おさがり学生服&ランドセル事業」が好評 

「おさがり学生服」という取り組みをご存知でしょうか。県クリーニング組合が2023年から行っている事業で、不要になった制服をリユースするサービスです。一方、福井市ではランドセルでも同様の事業が行われています。どの様な取り組みなのか、どんな課題があるのか取材しました。
    
越前市にあるカワイクリーニングは、明治10年創業の約150年続く老舗のクリーニング店です。5代目社長の河合隆輝さんが「おさがり学生服」の発起人です。
    
この「おさがり学生服」は、家庭で不要になった学生服をクリーニング店が無料で引き取り、次の人が気持ちよく使えるようにクリーニングを行います。そして、学生服を必要とする家庭は、クリーニング代を負担して譲り受けることができるというシステムで、まさに「学生服の橋渡し」です。
   
カワイクリーニング 河合隆輝社長:
「子供のPTAの役をやっていて、学校でやっている学生服のリサイクルを保護者でやれないかと依頼があった。クリーニング店で何か手伝えないかと提案したのがきっかけ」
   
最初は1店舗だけで始めたこの事業は、予想以上の反響があり、もっと広いエリアで
やっていこうと2023年春から組合全体で動き出しました。
   
カワイクリーニング 河合隆輝社長:
「思い出がある学生服を捨てるのはもったいない。捨てるなら違う人に譲ってあげてほしいという人が持ってくる。また、受け取りに来る人は、あと1年だけどサイズが合わなくなった。あと1年着るための学生服を探しに来たという人が多い」
  
河合社長は「新品にはできないが、新品に近い形で次の人に気持ちよく使ってほしい」と話します。在庫情報はHPに記載されていますが、学校や地域によっては偏りがあるのが現状です。在庫数をもっと増やし、もっと多くの人に知ってもらいたいと考えています。
  
組合に加盟する県内約90店舗で制服を回収し、そのうち30店舗で制服の受け取りができます。組合は、卒業などで使わなくなったり、タンスに眠ったりしている学生服の提供を広く呼び掛けています。
   
一方、福井市役所では、家庭で使われなくなったランドセルを集めて、必要としている福井市内の家庭へ無料で譲る事業をしています。その名も「福井市ランドセルもらってんで事業」です。福井市内に住んでいて、小学校に1年以内に入学する予定があるか、既に通っている児童がいる家庭が対象です。
   
2018年度に始めて、これまでの利用者数は約150人だということです。市の担当者は「大切な思い出が詰まったランドセルを再利用したいという思いで持ってきてくれている。また、持って帰る人は、たくさんの色や種類に驚かれて選んだあとは新しい生活が始まることを喜んでもらっている」とします。

現在は在庫が予定数を上回っているため、寄付の受付は一旦ストップしていますが、譲渡は行っているということです。
   
学校用品のリサイクル事業は、子育て世代の負担を減らすだけではなく、物を大切にする子供たちの心を育み、持続可能な社会の実現につながっています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP