ニュース

LIVE NEWS

福井県の出生数4563人で過去最少 「合計特殊出生数」は1.46に減少も全国6位にアップ

一人の女性が一生のうちに生む子供の数を示す「合計特殊出生率」、福井県は、去年1.46で、2022年より0.04ポイント減少しました。
 
厚生労働省によりますと、県内の去年1年間の出生数は4563人で過去最少となりました。
 
合計特殊出生率は1.46で、前の年より0.04ポイント減少しましたが、全国平均の1.20を大きく上回っていて、都道府県別の順位は前の年の9位から6位に上昇しました。
 
杉本知事は、「出生数や合計特殊出生率の低下には、コロナ禍で婚姻数が減少したことや、物価高騰による子育て世帯の経済的負担増などが影響した」としています。
       

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP