ニュース

LIVE NEWS

クマ出没件数“過去最多”で緊急会議 繁殖時期で活発行動「最新情報確認して山に入って」【福井】 

福井県内では、2024年4月以降のクマの出没件数が過去最多となっています。これを受け県は11日、市や町と対策を話し合う緊急の連絡会を開きました。
       
県によりますと、県内の2024年4月から6月10日までのクマの出没件数は231件で、2004年度の統計開始以来、過去最多となっています。
  
緊急連絡会では、県や越前市、嶺南6つの市町の担当者らが出席し、それぞれ出没状況や対策について情報交換したほか、ドラム缶型のわなによる捕獲に関する情報共有も行われました。
  
県自然環境課の西垣正男参事は「昨年秋の山の実の不足で奥に住んでいたクマが里に下りてきて、そのまま周辺に居つくクマも一定数いたと見られる。そのクマが繁殖時期などで活発に活動し、人目に触れている状況。まずは人の存在を鈴やラジオで教えることが重要。県のホームページでクマの出没情報を公開しているので、最新情報を確認して山に入ってほしい」と話しています。
 
連絡会は、18日に勝山市でも開催されます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP