番組紹介

日本全国 福むすび

2018年10月26日(金)放送

「福井の秋野菜」秋の味覚満載!福井が誇る絶品「秋野菜」を徹底調査!おなじみの野菜から、これも福井で獲れるの?という野菜まで、桑原隊長が食べて、食べて、食べつくす!

ロケ地:あわら市、永平寺町

 

まず最初にやってきたのは、あわら市富津地区。冨津地区で有名な秋野菜と言えば・・・「とみつ金時」!
現在、収穫作業の真っただ中ということで、「とみつ金時」を栽培している吉村さんにサツマイモ畑を案内していただきました。

 

 

 

「とみつ金時」の魅力を探るためには、皆さんの収穫作業を手伝うのが一番ということで、吉村さんにお願いをしてみると、なんと、トラクターに乗せていただけることに!
今年の商品になる「とみつ金時」。慎重にトラクターを運転し、あたふたしながらも無事終了。

 

 

 

 

「とみつ金時」の美味しさの秘密は、畑だけではなく、その「貯蔵方法」にも隠されているということで、その秘密を探るため、貯蔵庫へ。
なんと、600トンのサツマイモを保存することができる超巨大な貯蔵庫がありました。こちらでは、収穫したサツマイモを一度、「低温サウナ」のような過酷な状態に追い込んだあと、急速に冷やし、保存するとのこと。こうすることでサツマイモの甘さが増し、長期保存が可能になるんだそうです。

 

美味しさの秘密を知った隊長は、吉村さんの奥さん特製フルコースを頂く事に。
オーソドックスな「石焼き芋」からスープ、グラタン、さらにはデザートのチーズタルトまで。
食べて、食べて、食べまくった隊長なのでした。

 

 

 

 

続いて桑原隊長がやってきたのは、永平寺町のとある山の中。ここで栽培している「銀杏」の調査に!越前銀杏を育てている河合さんに会い、収穫現場に連れて行ってもらうことに。
木にロープを引っかけ揺らして落とすという原始的な方法で収穫をしていることが分かりました。そして奥さんが桑原隊長の為に、用意してくださったのは、「銀杏をフライパンで炒っただけのシンプルな料理」ほんと食べてばっかりの桑原隊長でした。

 

 

次回は「福井の秋野菜」第2弾ということで、隊長が調査に!
けいこ先生のとの福むすびオリジナル料理も作っちゃうよ!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP