番組紹介

日本全国 福むすび

2018年12月14日(金)放送

「今庄つるし柿」広島編 今庄つるし柿を牡蛎の産地広島で広めちゃう!

ロケ地:広島県

 

早朝の5時・・・桑原隊長がやってきたのは広島湾草津港。船に乗って隊長が向かい、そこで見たのは海の牡蛎。
なんと今庄のつるし柿を広めにやってきたのは・・・牡蛎の生産量日本一の広島県!広島はこれからが牡蛎のシーズン。年を明けた1月から2月がとっても美味しい季節なんだそうです。

 

 

 

そこで向かったのは広島市草津かき小屋。ここで開催している「かき祭り」でつるし柿を広めることに!牡蛎を食べに地元や県外からのお客さんが訪れ、焼きたての牡蛎はもちろん、広島の特産品や地酒も販売されていて大盛況。今回は「福井に行く!」と約束してくれた方につるし柿をプレゼントすることに!
たくさんの広島の方が燻しの製法に驚き、美味しい!と言ってもらえました。かき祭りでたくさんのお客さんにつるし柿を広められた隊長には、ご褒美としてボイル牡蠣を頂きました!

 

続いて広島の市街地にやってきた隊長ですが、つるし柿をどうやって広めるか悩んでいると…ある人に出会ったことを思い出したのです。それは南越前町で地域の方にパン作りを教えている田島さん。つるし柿のアンパンや酢の物につるし柿を入れるなど伝統あるつるし柿の新しい可能性を感じたのです。

 

 

 

そこで桑原隊長が向かった先は・・・なんと広島グルメお好み焼きの店。お店の方も不安な「お好み焼き」と「つるし柿」とのコラボ。
たっぷりソースがかかったお好み焼きに、刻んだつるし柿をちらし、最後に丸ごと1個乗せるというインパクトのあるお好み焼きが完成!

 

 

 

実際にお店の方と試食してみると、これが美味しい!そこでお客さんにも食べて頂くことに。つるし柿の甘さとソースの甘さがマッチする!や燻製の香りがイイ!など大好評。広島の方々に美味しい!と太鼓判を頂いたつるし柿を広める旅でした。
今回、つるし柿を試食した広島の皆さんはきっと福井に遊びに来てくれるはず!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP