番組紹介

日本全国 福むすび

2017年05月12日(金)放送

越前漆器の魅力を探る!その1

ロケ地:鯖江市河和田地区/越前市

 

今回のテーマは「越前漆器」。
桑原隊長は、越前漆器の里、鯖江市河和田地区へ。
最初に訪れたのは河和田町にある約100年の歴史がある漆器神社。
 拝殿の天井が漆器の格天井になっており、その見事な出来栄えに桑原隊長も思わず見とれてしまいます。

 

漆器神社で「福むすび」祈願をした桑原隊長は、早速調査を開始。
町中で出会った人に話を聞くと、近くに見学が出来る漆器屋さんがあることを知り早速向かうことに。

やって来たのは、200年以上の歴史がある漆器製造販売の漆琳堂さん。
お店に入り、桑原隊長の目に飛び込んできたのは、カラフルな漆器の数々。
8代目の内田徹さんが、若い人にも気軽に漆器を使ってほしいと製作したものだった。
他にも漆器のピアスや、料亭で使われているお椀などを見せてもらった桑原隊長。
ここで漆塗りに挑戦することに。
内田さんに手伝ってもらい、悪戦苦闘しながら何とか漆塗りが出来た桑原隊長。
ここ、一つの疑問が。それは、漆そのものがどのように出来ているかということ。
内田さんに漆屋さんを紹介してもらい向かうことに。

 

紹介してもらったのは、越前市にある箕輪漆行さん。
作業場に入り、桑原隊長が驚いたのが漆独特の香り。時には咳き込むことも。
漆の樹液から、塗りで使う「漆」の製造工程などを見せてもらい、「もっと越前漆器を知りたい」という意欲が沸いた桑原隊長だったのです。

 

 

 

◎漆琳堂
住所:福井県鯖江市西袋町701
TEL:0778-65-0630

 

◎株式会社 箕輪漆行
住所:福井県越前市北坂下町5-7-1
TEL:0120-43-0055(フリーダイヤル)

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP