番組紹介

日本全国 福むすび

2017年09月22日(金)放送

『たくあんの煮たの』を知ろう!

ロケ地:福井市、越前市、越前町

 

 

今回のテーマは福井県の郷土料理「たくあんの煮たの」。

桑原隊長が向かったのは、福井県内のスーパー。

まずは、「たくあんの煮たの」がどれくらい食べられているのか?を調査することに。

 

 

 

 

 

ご家庭、それぞれに微妙な味の違いがあることを知った桑原隊長は、「たくあんの煮たの」の歴史を探るため、郷土料理の研究をしている仁愛大学を訪れました。

 

 

 

 

 

 

スーパーで「郷土料理を出しているお店がある」ということを耳にした桑原隊長が次に向かったのは、越前町にある手作りお惣菜のお店「じんべえ」。

こちらでは、お母さん達が毎日、手作りで作るお惣菜バイキングを食べることができ、もちろん「たくあんの煮たの」も置かれていました。

 

 

 

店長の林さんにお願いし、「たくあんの煮たの」の作り方を教えてもらう桑原隊長でしたが、一日では完成しないことを知り、従業員の中で、たくあんの煮たのを作ってもらえる方を聞いてみると、なんと、ご家庭で「たくあん」を漬けているという齋藤さんに遭遇。

 

 

 

 

さっそく、齋藤さんのお家に伺い、一緒に「たくあんの煮たの」を作る桑原隊長。

実は、齋藤家の「たくあんの煮たの」には、他のご家庭では見ない、齋藤家特製の隠し味が使われていることを発見しました。それはお手製の醤油で煮た山椒!

 

 

 

 

最後は、なぜか、桑原隊長が齋藤家の夕食にお邪魔することに。

「たくあんの煮たの」についての思い出を聞きながら、家族の温かみに触れました。

 

 

 

 

「『たくあんの煮たの』県外編」は次回9月29日放送です。

 

 

◎仁愛大学 人間生活学部 健康栄養学科 佐藤真美准教授

住所:越前市大手町3-1-1

TEL:0778-27-2010

 

◎手作りお惣菜 じんべえ

住所:丹生郡越前町織田(劒神社前)

TEL:0778-36-0303

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP