番組紹介

おかえりなさ〜い

おかえりホームドクター

糖尿病の3大合併症!糖尿病網膜症

今日のドクター

日本眼科学会専門医
髙村佳弘先生

病気説明

糖尿病網膜症とは、糖尿病の合併症として起こる目の病気です。
糖尿病は血管の病気ですが、高血糖の状態が続くと眼の網膜における血管も損傷を受け、血管が詰まったり、漏れやすくなったりしてしまいます。異常な血管から出血して、ある日突然、目が見えなくなることもあります。糖尿病網膜症は糖尿病の方に起こる病気ですので、血糖をコントロールして、糖尿病の進行、または発症の予防に努めることが大切です。

意外と知らない?対処法
視力に異常がなくても眼科を受診してください
糖尿病発症後、血糖コントロールが不十分だと5年から10年で糖尿病網膜症は発症します。
しかし、自覚症状が無いままに進行して、視力低下などの異常を感じた時には、既にかなり進行している場合が少なくありません。初期から眼科で定期検査を受け、適切な治療を受けていれば、失明することはほとんどありません。ですから糖尿病と診断をされたら、自覚症状がなくても内科だけでは無く、眼科も必ず受診してください。
眼科での検査は痛くありません
眼科での定期健診と言っても、椅子に座って目を見るだけの簡単な検査で、決して痛く無いですから、糖尿病と診断された方は、定期的に眼科での検査を受けてください。
進行した糖尿病網膜症に対しては、レーザー治療がとても有効ですが、機械が良くなって、こちらも最近ではほとんど痛みが起こらないようになっています。
出血し、突然目が見えなくなったりした場合でも、手術によって多くの場合視力を回復することが出来ます。手術での傷口も非常に小さいものとなり、術後早期に社会復帰できるようになっています。
突然目が見えなくなっても怖がらず、眼科を受診するようにしてください。
まとめ
糖尿病と診断された方は、自覚症状が無くても糖尿病網膜症は進行しますので、症状が無くても眼科で定期的に検査を受ける事が大切です。
眼科で適切な診断、治療を受けることで目を守ることができますが、しっかりと血糖コントロールを行うことが何よりも重要である、ということを忘れないでください。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

過去の放送

PAGE TOP