番組紹介

おかえりなさ〜い

おかえりホームドクター

夏でも注意が必要!夏場の高血圧

今日のドクター

福井県内科医会
前野孝治先生

病気説明

私たちの血圧は、いろいろな原因で変動しています。
ストレスや睡眠不足、過労や緊張、そして気温によっても変動し、1日のうちでは、通常は朝方に血圧は高くなります。血圧が高くなると、脳卒中や心臓疾患などを起こす可能性も高くなりますが、高血圧の方は夏場の管理にも気をつけるようにしてください。

意外と知らない?対処法
夏の低血圧に注意
血圧は気温によって変動し、暑いときには血管が拡張すること、汗をかくことで、血圧は下がる傾向にあります。ですが、高血圧の方は、血圧を下げる薬を服用している場合が多く、薬の影響も重なって、通常よりも血圧が下がり過ぎることがあるので、夏場、血圧の下がり過ぎには注意してください。
冬場にはちょうどよかった血圧が、夏場には下がりすぎて、ふらつきや立ちくらみといった症状が出ることもありますので、ご自身の血圧を管理し、おかしいと感じたら医師に相談するようにしてください。
汗をかいたら熱中症に注意
高血圧の方は塩分制限をしている場合が多く『夏場も同じように塩分を制限しなくてはいけない』と思われている方が多いのですが、夏場たくさんの汗をかいた時には、熱中症になることがありますので、熱中症の予防に適度な塩分は摂取するようにしてください。
高血圧の方は普段から『ラーメンの汁を飲み干さない』『醤油やソースを控える』『味噌汁は薄味にする』など塩分の制限をしますが、この制限をやめるのでは無く、あくまで熱中症予防のために、汗をたくさんかいたときは、スポーツ飲料などで適度な塩分を補給するようにしてください。
まとめ
血圧は、暑さや寒さといった気温で変動するので注意し、夏場の暑い時に血圧が下がりすぎて、ふらつきや立ちくらみといった症状が出た場合は、病院を受診すると良いでしょう。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

過去の放送

PAGE TOP