番組紹介

おかえりなさ〜い

おかえりホームドクター

注意が必要!尿路結石症について

今日のドクター

日本泌尿器科学会指導医
髙田昌幸先生

病気説明

尿の通り道である腎臓・尿管・膀胱・尿道に結石ができた状態を尿路結石症といいます。
腎臓と尿管をまとめて上部尿路といいますが、この上部尿路にできる場合が全体の95%を占めます。腎臓に結石がある状態ではほぼ無症状なのですが、結石が尿管に下降し、尿の通過障害をきたした場合には、激しい痛みや血尿がでます。
30から60歳代の男性に多く、男性の7人に1人が一生に一度は尿路結石に罹患するといわれています。

意外と知らない?対処法
メタボに注意しましょう
実は、メタボリックシンドロームと尿路結石症には深い関係があり、メタボリック症候群によって尿pHや尿中クエン酸が低くなることで結石ができやすい状態になってしまいます。
メタボリック症候群の予防はバランスの良い食事や適度な運動ですからメタボリック症候群の予防にも気をつけると良いでしょう。
近年、食生活の欧米化に伴い、尿路結石症の方も増加傾向にありますので、メタボリック症候群を予防し、尿路結石症も予防しましょう。
尿路結石は自然には溶けません
腎臓や尿管にできた結石は基本的には自然に溶けません。腎臓に結石があっても、小さくて無症状の場合は経過観察となりますが、結石が大きい場合や尿管に下降してきた場合は、積極的な治療が必要になることがあります。
対外衝撃波結石破砕術という、体の外から衝撃波を与えて結石を砕く方法や、麻酔をかけて内視鏡カメラを体内に入れ、レーザーなどで結石を砕く方法があります。
一度結石ができた方は、また結石が形成されやすいことが分かっています。予防のためにも、水分を十分に摂取し、食生活には気をつけるようにしてください。
まとめ
尿路結石症は痛みなどの症状が出ない場合もありますので、一度発症した方は定期的に検査を受けるようにし、発症した方は、きちんと石が排出される事を確認して、再発に気をつけるようにしてください。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

過去の放送

PAGE TOP