番組紹介

おかえりなさ〜い

おかえりホームドクター

よく聞く目の病気「緑内障」について

今日のドクター

福井県眼科医会
小堀 朗先生

病気説明

緑内障とはなんらかの原因で目の神経が傷み、視野が狭くなったり視力が落ちたりする病気です。
目の圧力(つまり眼圧)が高くなることで目の神経が傷んでいきますが、眼圧がそれほど高くなくても神経がもともと弱いといった事でも起こります。
高齢者に多い病気ですが、40歳以上の20人に1人は緑内障だと言われており、緑内障を放っておくと失明する事にもなってしまいますので、緑内障を疑われたら精密検査を受けるようにしてください。

意外と知らない?対処法
緑内障は自覚症状がありません
一般的な慢性の緑内障は初期には自覚症状が全く無く『見えにくくなる』『視力が落ちる』といった自覚症状が出てきたときには、かなり病気が進行してしまっていることが多い病気です。
目の神経が傷んで見えにくい部分が出てきても、反対側の目や脳が補完をすることで『見にくい』とは感じにくく、かなり病気が進行するまで、自分で気づくことは難しい事があります。
緑内障は、通常の人間ドックでは見つけにくい事があり、眼圧検査や眼底写真に加え視野検査を行うと良いでしょう。
年齢が高くなると緑内障のリスクも上がっていきますので、40歳を超えたら一度は緑内障の検査を行うようにしてください。
目を大事にしましょう
緑内障は目の神経が死んでいく病気ですから、元どおりに治すことは残念ながら出来ません。
治療によって、緑内障の進行をゆっくりにして悪化を防いでいく事は出来ます。緑内障は放っておくと失明してしまうことがあり、現在、失明原因で一番多い病気なので、あなたの目を守るためにも精密検査を受けるようにしてください。
まとめ
緑内障は、遺伝的な事も言われていますので家族に緑内障の方がいたり、血圧が高い方や、近眼が強いといった方は40歳を超えたら一度は緑内障の検査を行うとよいでしょう。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP