番組紹介

おかえりなさ〜い

おかえりホームドクター

盲腸について

今日のドクター

日本消化器外科学会専門医
川上義行先生

病気説明

盲腸とは正式な病名では無く、正しくは虫垂炎といいます。
以下、いわゆる盲腸ではなく「虫垂炎」として説明をしていきますが、大腸の一部の虫垂が炎症を起こし、発熱や痛みといった症状があり、炎症がひどくなると虫垂が破れて膿が広がる腹膜炎に進行する事があります。
季節の変わり目や体調が思わしくないと虫垂にばい菌が入り炎症が起こりやすくもなりますので、体調管理には気を配るようにしてください。

意外と知らない?対処法
虫垂炎は大人に多いです
虫垂炎は子どもの病気と思われる方もいるかもしれませんが、実際は大人の10代から20代の比較的若い年代の方に多い病気です。ただ、子どもや大人でも高齢者の方は症状に気づきにくい事があり、放置して腹膜炎に進行するという重症化を起こしやすいので気をつけてください。
虫垂炎は右下腹部のいわゆる『わき腹』に痛みが出ると思われている方が多いですが、実は虫垂炎による痛みや不快感といったものは、みぞおち辺りから始まります。それが時間とともに、わき腹へと移動していきますので、痛みが移動すること、わき腹だけの痛みでは無いというポイントを理解しておくと良いでしょう。
必ず手術が必要なわけではありません
虫垂炎と診断された場合、必ず手術をしなければならないと言うわけでは無く、炎症の程度によりますが、抗生剤の投与で炎症を抑えることがあります。ただ、薬で炎症を抑えた場合、手術と違って虫垂を切除するわけでは無いので、治まった後にまたばい菌が入って炎症を起こすという、再燃を繰り返す場合もあります。
手術が必要かどうかは最終的に医師が判断しますが、必ず手術が必要というわけでは無いということを覚えておいてください。
まとめ
以前は虫垂炎の手術も傷跡が残るものでしたが、現在の手術は腹腔鏡という細いカメラを用いる手術で傷跡もほとんど分からないものになりましたし、体への負担も少ない手術になっていますので、手術を受ける際も安心するようにしてください。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP