番組紹介

おかえりなさ〜い

おかえりホームドクター

とびひについて

今日のドクター

日本皮膚科学会
加藤卓浩先生

病気説明

とびひ、というのは正式には伝染性膿痂疹というのですが、細菌が虫刺されや掻き傷などから皮膚に感染することで水ぶくれや浅い傷ができ、さらに別のところを掻いたりすることで、広がっていく病気です。小さい子どもさんがよくかかる病気で、主に黄色ブドウ球菌、時に連鎖球菌という細菌が原因になります。夏場の汗ばんだ肌や冬場の乾燥で起こりやすくなりますし、小さい子どもさんの場合には親御さんが気をつけて上げて欲しいとおもいます。

意外と知らない?対処法
入浴しても構いません
とびひ、にかかると『お風呂に入ることは良くない』と思われている方もいるのですが、お風呂に入ることで、細菌を洗い流して皮膚を清潔に保つことができますので、ぜひ入浴してキレイに洗うようにして欲しいとおもいます。お風呂に入るときは患部はこすらず、良く泡立てた石鹸で優しく洗い、そっと洗い流すようにしてください。消毒は必要ありません。タオルを共有すると、とびひ、がうつる事もありますので、タオルは共有しないようにした方が良いとおもいます。
とびひは治ります
とびひは、原因となる細菌を退治する治療を行うことで良くなっていきます。まずは病変を洗うのが大切ですが、塗り薬の抗生剤や、範囲が広い場合などには飲み薬の抗生剤を使うこともあり、かゆみが強ければステロイドの塗り薬も使います。掻くことによって症状が体のあちこちに広がりますので、あまり掻かずに皮膚を清潔に保つように心がけて欲しいとおもいます。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP