番組紹介

おかえりなさ〜い

おかえりホームドクター

ノロウイルスについて

今日のドクター

日本内科学会専門医
山口 航先生

病気説明

ノロウイルスは胃腸炎を引き起こすウイルスで、だいたい11月頃から3月頃に流行して、下痢や嘔吐のような食中毒症状を引き起こします。感染力が非常に強いウイルスなので、小さい子どもが感染して、家庭内で広がる、とか、老人ホームや保育園などで流行して集団感染につながるという事があります。特に子どもや高齢の方では重症化しやすいので注意して欲しいと思います。

意外と知らない?対処法
ノロウイルスについて
ノロウイルスの感染予防に大事なのは、手洗いなんです。実はノロウイルスというのはアルコール消毒が効かないので、アルコールで消毒をしただけではウイルスを殺す事は出来ません。念入りに手洗いをしてウイルスを洗い流すことが、感染予防に非常に大事になります。他にも、下痢や嘔吐物などの処理に注意が必要で、アルコール消毒は効きませんから、0.1%程度に濃度を薄めた塩素系の漂白剤で消毒をするというのが有効です。手袋をして、嘔吐物を処理した後に、塩素系漂白剤で消毒を行い、最後に石けんで手をキレイに洗う、というのを、感染予防の為に気をつけて頂きたいと思います。
ノロウイルスは熱に弱い!
ノロウイルスは熱に弱い!というポイントがあります。ですから、食材はよく火を通してウイルスを殺すようにしてください。ノロウイルスは、かき、あさり、しじみ、といった二枚貝に多く含まれています。よく加熱するということはもちろん、水抜きをした後の水分がまな板に付着して、そこからウイルスが広がるという事もありますから注意して欲しいと思います。ノロウイルスは下痢などの症状が消えた後もウイルスが体内に残っている事が多いので、症状が治まったからといって油断せず、こまめな手洗いで感染の予防を心がけて欲しいと思います。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP