番組紹介

おかえりなさ〜い

おかえりホームドクター

「ドライアイ」について

今日のドクター

福井県眼科医会
小堀朗先生

病気説明

私たちの目は涙によるコーティングで守られています。ドライアイというのは、その涙の量が少なくなったり、涙の定着が悪くなったりして、目が乾燥した状態をいいます。
目と言うのは涙をまばたきで全体に行き渡らせて、目をうるおし、異物や、ばい菌から守っています。ドライアイになることで目の痛みや異物感だけではなく、目がかすむとか、見えにくさというのも出ることもある状態です。

意外と知らない?対処法
目薬で対処をしましょう
目が汚れた時は良いですが、目が乾いた時に目を洗うことは、目の表面から涙を定着させるムチン層など、大事なものも洗い流すことにつながるので、目をうるおす為には逆効果になります。
目が乾いたときには目薬をさすのがよく、人工涙液やヒアルロン酸を含む目薬、また病院では安定した涙を作り出すジクアホソルナトリウムの目薬も処方していますし、涙の出口に簡単な栓(涙点プラグ)をして、涙が目に留まるような治療も行えますので、症状にお悩みの方は医師に相談をして欲しいと思います。
生活習慣が大事です
ドライアイを引き起こす要因は加齢やコンタクトレンズの装用、長時間に渡るデジタル機器の使用、ストレス、乾燥など生活習慣が大きく関わっています。最近はパソコンやスマホなどを見ていると自然とまばたきの回数も少なくなり、目が乾くといった事につながりやすいので、目をあまり酷使しないようにすると良いでしょう。
ドライアイは加齢によるものが大きいですが、最近はパソコンやスマホの操作が増えたこともあり、若い方のドライアイも増えてきているのでドライアイに気をつけ、症状がある方は眼科医に相談するようにして欲しいと思います。
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PAGE TOP